口臭改善、対策、原因、予防など、口臭に関するお悩み解決サイト 口臭予防・改善・原因など、簡単な対策から専門的な情報まで
口臭改善、対策、原因、予防に関するお悩み・相談を受け付け中です♪ お口の臭いに関する悩み・不安・疑問・なんでもOKです!
 気になるワードから自分に役立つ記事を検索してみよう|SITE MAP
 

言って貰って良かった?実際に口臭を指摘された人の体験談まとめ

口臭を指摘された人の体験談
口臭とは、自分では気づきにくく他人は敏感という非常に厄介なものです。自分ではきちんとケアしているつもりでも、実は知らないうちに口臭モンスターになっていた・・・なんてケースも良くあります。

今回は、実際に他人から口臭を指摘された経験のある方からの体験談をいくつか紹介します。口臭を指摘される事がどれだけ恥ずかしいのか、実際に指摘されると人はどう思うのかなど、皆さんの体験談から学んでみてはいかがでしょうか?

口臭を指摘されてしまった人の体験談





女性(40代以上)主婦の体験談


仲の良い友人に口臭を指摘されたことがあります。どのように指摘されたかというと、最近胃の調子が悪いのか?と聞かれました。

私は胃があまり丈夫な方ではなく、よく胃痛や胃腸炎などになっていたので、そのように言った方が言いやすいし、私が傷つかずにすむという友人の配慮があったと思います。

母から口臭を指摘されたこともありますが、実の娘である分遠慮がなく、あんた口臭いわよとズバっと言われたので。

臭いの強いものをなるべく食べない、歯を磨く回数を増してフロスで歯間も磨く、舌ブラシで舌苔を取る、サプリを飲むなど自分にできることは色々試してみました。

その中で一番効果があったかなと思うのが、舌ブラシで舌苔を取ることでした。

最初は舌専用のブラシは使わず歯を磨いたついでに歯ブラシで舌も磨いていましたが、ゴシゴシ強くこすりすぎて舌を痛めたし衛生的にもよくないので、舌専用のブラシを使うことにしました。

舌専用ブラシもたくさんの種類があり何種類か試しましたが、私には銅製の物が使いやすかったです。

舌苔を取り除いた後に常温の白湯を飲むと体のいらないものが排出されてすっきりするらしいので、毎朝そうしています。

始めてから1年以上になりますが、口臭を指摘されたことはないですし体調も良いです。

女性(20代)主婦の体験談


私はもともと昔から歯周病で、歯医者に行って歯石取りや歯茎のマッサージなどをしてもらっていました。

ですが、昨年末に妊娠が発覚し、つわりで洗剤や歯磨き粉の匂いがどうしても無理で、気持ち悪く、歯磨きもササっと終わらせる程度になった時がありました。

1ヶ月くらい経った頃から歯茎がよく赤く腫れるようになり、出血も頻繁にするようになりました。もともと妊婦は歯周病になりやすいそうなので、さらに悪化した感じがしました。

その後つわりが収まり、歯磨きを30分ほどして、歯間ブラシを使い、最後にリステリンでうがいをするようにしたのですが、毎日それをするのは無理だったので、少し怠った時は旦那に、最近口臭するようになってきたよー!と言われます。

原因は歯周病だと思うんですが、現在臨月に突入しており、いつ産まれてもいい状態なので歯医者に行って破水したらどうしよう…とか、陣痛が来たらどうしよう…など考えてしまい、歯医者に行けません。

今思えば、安定期のとき歯医者に行っておけば良かったな・・・と思いました。

旦那に注意される時は最初のうちはショックでしたが、自分ではなかなか分からなかったので、今は注意してくれる事はありがたいと思っています。

女性(40代以上)パートの体験談


口臭に関しては本当に日々気になっていることです。

他人の口臭は不快なものです。しかし、口臭があるとか匂うとか、なかなか指摘できないことのほうが多くあります。

私も加齢にともない、また他人の口臭を感じたりすることで自分自身はこうしたことがないように心がけ、口臭チェッカーも小型ではあるが高額で購入して携帯していました。

そんなある日、妹の家に訪問した際に口臭を指摘されました。その指摘も「かなりきつい口臭があるので気を付けないといけない。」ということでした。

ショックでしたが、多忙も重なり歯の治療のため詰めていたものが取れ、その隙間に食事のあとの食べ物がはまり悪臭になっていたようです。

自分ではなかなか気が付かず、またその治療もあとにあとにと先延ばしにしていたことがこうした大変なことになったと本当に反省してしまいました。

すぐに歯科医院に予約をして治療を終えると妹の指摘された口臭はおさまりました。

今考えると、妹だから指摘し注意してくれたと思いますが、気が付いていてもなかなか友人・知人としても指摘しにくいと思います。

口臭は本当に言いにくいことですので、自分自身が毎日のケアをしっかりと行い気を付けなければいけないことです。歯に異常がない場合でも歯科の検診を行うことも大切と実感しています。

いくら気を付けていても自分自身はなかなか口臭に気づくことができません。普段でもやはり気になってしまいますのでブレスケアや食事後の歯磨きやうがい等を多く行うようにしています。

女性(30代)フリーターの体験談


高校生の頃付き合っていた年上の彼氏がいました。付き合って1年以上経ったある日、突然「お前口臭い・・・」と。

私自身も緊張したりすると口が渇くなーと思っていたし、紅茶やコーヒーを飲んだ後に自分でも口臭が気になっていたので、彼と会う前は飴やガムで誤魔化していたつもりでした。

でも、全く誤魔化せていなかったようで指摘されてしまったのです。その日は本当に恥ずかしくて、それ以降も彼と会う時に口が臭かったらどうしようと考えるとキスもできず、会話すら上手くできなくなってしまいました。

そんなことが原因ですれ違いが増え、別れる事になってしまいました。

その後、付き合った彼はタバコを吸う彼で常にタバコの臭いでした。これで私の臭いも分からないかも・・・なんてことを思い、とりあえず付き合ってみようと思って付き合い始めました。

付き合ってしばらく経ったある日、買い物をしているとふとした瞬間、ツーンとした臭いがするのです。気のせいだと思うように自分に言い聞かせましたが、その後のデートでも何回かアレ?と思うように・・・。

私自身も口臭があると過去に指摘されて傷ついた経験があるため言えずにいました。

その時に思ったのは、高校生の時に付き合っていた彼はずっと我慢していたんだろうと。そして、あまりにも続くので耐えられなくなって私に伝えてきたのだろうと。

関係性があまりできていない状態で相手に口臭がキツイよ・・・と指摘するのはすごく大変なのだと実感しました。

今思えば、あの時に指摘されて自分の口臭に気付く事ができて良かったと思います。

女性(20代)派遣社員の体験談


私は、朝ごはんを食べていなかったり何時間も口に何も入れてなかったりすると口臭が臭ってきます。

ある日、マンションを業者さんと話しながら選んでいたときに、お母さんから口臭のことを指摘されました。すごい臭いと言われて、恥ずかしかったです。

あいにく、業者さんには聞こえていなかったので良かったのですが、業者さんも私の口臭が臭いと思っていたのかと思うと、穴があったら入りたかったです。

そのとき、目の前に飴がたくさんあったので食べました。お母さんからは、前より良くなったと言われました。

それ以来、私は口臭に気を遣うようになりました。

食べ終わった後は、歯磨きして口臭のミントを食べます。それだけではなく、匂いがきつい食べ物は夜に食べるようにしています。

2~3時間経過すると、口が臭ってくるので必ずカバンの中からミントを取り出して食べます。

そのおかげなのか、人の口臭が気になるようになりました。さらに、匂いに敏感になりました。

彼氏の口臭だったり、親の口臭だったり、他人の口臭だったりと気になります。

親や彼氏の口臭は指摘できますが、他人のは口臭が酷くても言わないように我慢しています。

母親のおかげで、もう恥ずかしい思いをせずに過ごせます。

女性(20代)主婦の体験談


私が小学生だった頃の体験談です。私は、クラスの中でも目立つ存在でプライドが高い小学生でした。

私はもともとよだれが少なく、自分でも口臭がするのがわかっていました。そのため、毎日一生懸命歯磨きしたし、朝学校に行く前、玄関を出るときに母に口臭チェックも毎日してもらってました。

給食を食べ終わった後も、友達はみんな歯磨きはしないのに、私はマイ歯ブラシを学校に持って行き、毎日歯磨きをしました。

そんな中、クラスの仲よかった男子とちょっと言い合いになったときに「お前口臭い」と言われました。売りことばに買いことばで私は、「知っとるわ」と言いました。

自分でも口が臭いのは十分に分かっていたのに、結構大きな声で、周りにいた友達たちにも聞こえるくらいの大きさの声で、口臭いと言われ、ショックで仕方なかったのを今でも覚えています。

そのことがトラウマで、人と一対一で、顔の近くで話すときは、口に手を当てて話してしまいます。

小学校時代の出来事から毎日、舌クリーナーや、マウスウォッシュ、歯間ブラシを使って長い時間口臭対策をしていますが、口臭は私の永遠の課題だと思います。

自信持って、人の前で口に手を当てずに話すときが来るといいなと思っています。

女性(20代)在宅勤務の体験談


私は現在20代の女性です。これは子供時代の私の実体験です。

あれは小学校4年生時でした。その頃の私は歯磨きをするのが億劫で、親に注意されない限り自分からは歯磨きをしていませんでした。

とある休日、私は家のリビングで宿題をしていました。そして算数で分からないところがあったので、珍しく家にいた父親に質問をしたのです。

私がここの問題が分からない、と父親に説明をしていると、彼は顔を少ししかめながら「口が臭いよ、歯磨きをしてないのかね」と私に言いました。

それを言われた瞬間、普段父親とあまり話さない私はものすごく恥ずかしくなって、その後はなるべく口を開かないように「うん」など簡単な言葉しか発さずに、その場をやり過ごしました。その後は、急いで口をゆすぎに行き、歯磨きをしました。

それ以降、1日の中で定期的に口臭チェックを自分ですぐにしてしまう癖が出来ました。そのチェックの仕方は、まず大きなお椀を両手で作り、鼻と口を覆って、その中でハァーと息を吐いてすぐに鼻で匂いを嗅ぐというチェックです。

実際に正しい口臭チェックなのかは分かりませんが、人と会ったりする前やデート中などもこのチェックをやってしまいます。寒い冬の日に息で手を温める仕草に似ているので、口臭チェックをしても周りからバレないかなと思って本当にすぐにやってしまいます。

ですがこのチェックをして「あ、今口が臭いな」と感じても口臭をすぐに消せる方法は知らないので、トイレに行って口をゆすぐくらいしか出来ず、すぐに行けない時はあまり口を開けて喋らないように気を付けたりするくらいです。

結局人に気づかれていないか、自分の口臭に不安を感じながら生活する毎日です。

女性(40代以上)主婦の体験談


私自身に口臭があり、主人や子供達から臭いと指摘をうけていました。

歯磨きは、しっかり時間をかけて磨き、歯間ブラシを使用し歯と歯の間、そして舌みがきをして、清潔に保てるようにと努力しているのですが、なかなか改善しませんでした。

口臭のことが頭から離れず、人と話すのも恐怖となり、楽しく会話ができませんでした。色々なサイトや口臭グッズを利用し、最近わかってきたのは、ドライマウスが原因なのではないかということです。

唾液は、口の中を清潔に保つ役割りがあるそうなのですが。唾液が少なくなり、乾燥すると細菌が増え、喉に匂い玉ができたりするそうです。私の場合も舌磨きをしても、すぐに舌が白くなっていたのです。

喉に近い舌のあたりを触り、匂いを嗅いでみたところ、すごく臭くて、原因はこれだと確信しました。

それから、これまでおこなっていた歯磨き、舌磨きと共に、唾液を増やす口の体操を行い、1日1回、喉ヌールスプレーで喉を清潔に保つように、努めたところ家族から、匂いを指摘されることがなくなりました。

今では喉ヌールスプレーも、あまり頻繁に使用するのは、体に悪いのではとの心配があるので舌の匂いが臭いかなと感じたときだけ、使用してます。

まだ口臭は大丈夫かなと心配しながらですが、人との会話を楽しめるようになり、少しずつ自信を取り戻しています。

男性(40代以上)医者の体験談


私は45歳医師です。普段から患者さんや看護師と近距離で話すことが多いので、口臭には気をつけていました。妻からもうるさく言われて、ミントガムをかんだりうがいをこまめにしたりしていました。

ある日外来中に患者さんから吐き気がして気分が悪いと言わたので、ベッドに横にさせました。

しばらく横になっていたら回復したようで、また診察を再開したのですが、その途端にまた吐き気がすると言い出して、横になってしまいました。

看護師に様子を聞いてみると、「先生の口が臭くて耐えられないそうです。すごいにおいで吐き気がするそうです。」と言われてしまいました。

しかもその後、「実は私も以前から先生の口のにおいがきつくて辛かったです。」と看護師にも告白されてしまい、私はもう恥ずかしいのなんの。

穴があったら入りたい心境でした。すぐマスクを着けて診察を再開しましたが、私も患者さんもなんとなくぎこちない雰囲気になってしまい、気まずいままでした。

口臭が体臭にまで染みついていたのか、その後も同僚に「以前から臭くて臭くて耐えられなかったよ」と言われてしまい、かなり落ち込みました。自宅でも妻や子供たちに「みんなそう思ってたよ」と言われ、立ち直れませんでした。

次の日からはマスクをして診療しています。原因は歯槽膿漏だったようですが、臭いイメージはなかなかぬぐえず、今でもマスクを手放せません。

女性(20代)フリーターの体験談


私は昔から胃が弱くてすぐにお腹が痛くなっていました。指摘されたのは中学に上がってからの兄妹からの指摘でした。

「お前口くせえ」と言われかなりのショックと恥ずかしさで一瞬時が止ったように感じました。

家族に何気なく聞いてみると、昔からそうだったとの事・・・それまで誰も指摘してくれなかったので、自分で気づくこともなく過ごしていたため、本当に大きなショックでした。

友達や周りの人も、そう思いながらも言えなかったのか等考えてしまい、次の日から人と接したり、お喋りしたり、すれ違うだけでも自分の口臭を気にして過ごすようになっていきました。

歯磨きは念入りにし、口臭に効くと言われる物を、薬局に入り浸り買っては試していましたが効果はあまり感じられませんでした。口臭の原因となっているものが何なのかをまず知らなかったため、だいぶ遠回りをしたと思います。

やみくもにいろんな商品を試しても駄目だと思い始め、そこでお母さんに相談したところ、良く胃が痛いと言っているから一回病院に行こうと言われ、連れて行ってもらい診察すると胃カメラを勧められ、人生初の胃カメラを体験いたしました。結果は(慢性胃炎)と言うものでした。

慢性胃炎の薬を処方され、しばらくすると口臭も和らいできました。

思春期に体験したせいか、今でも口臭についてとても気にするようになってしまいましたが、匂いは人を不快にさせたりするものなのでこれからも気をつけたいと思っています。

男性(20代)主夫の体験談


日頃そこまで自分自身の口臭は気になっておらず、臭くもないと考えていました。しかしある日、妻より匂いがすると言われたのです。

原因を考えると、その頃は仕事の忙しさのせいにしてお昼ご飯を食べても歯磨きをせずそのまま仕事を続けていたり、身だしなみがだらけてしまっていることがわかりました。口臭は人への印象も悪化させてしまうのでこれではいけないと思い生活習慣の改善を決意しました。

より丁寧に歯磨きやうがい、マウスウォッシュなどをしました。結果、歯磨きを行ったりした後の少しの間は匂いはしないのですが、時間がたつと口臭が戻っていることがわかりました。

これではまずいと感じたので歯医者へ行ったところ、ひどく悪化している虫歯があるので抜歯が必要という事になりました。

すぐに治療に取り掛かり、歯を抜いてもらうと同時に腔内にたまっていた歯石なども取り除いていただきました。その後は口臭が再発することもなく、いつも通りの生活を送ることができています。

1日3回の歯磨き、そしてうがいは歯の健康を保つためだけでなく、口臭にもダイレクトに影響を及ぼすのだなと強く感じました。

また歯医者にも定期的に、1シーズンに1度くらいは歯磨きでは取りきれない歯石を取り除きにいくことが必要と学びました。歯石があってはまた虫歯が発生し、口臭にもつながっていくのでケアをしっかりした方が良いです。

男性(20代)学生の体験談


私が車に乗っているときです。私と母親が車の中にいたのですが、母親から「なんか臭うね。もしかして口から出ているのかしら」と言われました。

私はそんな口の中が臭くなるようなものを食べたわけでもないですし毎日のように歯は磨いております。そして母親から口臭を治すガムを手渡されたことがありました。

靴を脱いでいなければ服は洗濯しきれいでもある。私は今でもそのような問題が気になります。

そこで口ではなく別の体の部位に関係あるのではないかと思い、胃の中をきれいにするものを買おうと思いました。

しかし、ガムとは違い高コストのものがほとんどです。普段買おうとしてもなかなか手を出せない値段で売られてました。

友人との会話中でも口臭は気になってます。「話してて臭くないだろうか?」話の内容よりそっちのほうが気にしすぎることも多々あります。

口臭の予防策としてまず徹底的な歯磨き。歯冠ブラシを使い歯と歯の間の汚れも取り除くよう努力しています。

また、出かける際はガムを必ず一粒噛んで行ってきます。この問題は子供のころから悩んでいることなので早く治したいものです。

口臭治療というものもあるみたいで時間とお金があればやってみたいです。

女性(40代以上)主婦の体験談


娘から口臭を指摘されたことがあります。

私はリウマチと糖尿病で毎日薬を服用しています。自分でも口の乾燥は気になってはいました。口が乾くと自分でも口の中の味?空気?が変だなぁとは思っていたのですが。

歯磨きは毎日、毎食後していますが、唾液が乾燥して出る特有のにおいはどうしても抑えられないものです。そして気になり始めた私は口臭をなくすためにガム、飴、タブレットなどいろいろ試しました。

しかし、私は糖尿を持っているため大体のものは血糖が上がってしまうためあまり頻繁には使用できませんでした。そして今はお茶をいつも携帯して口が乾いたら飲むようにしています。

薬の副作用で唾液が減り、口が乾く症状の方は結構いらっしゃると思います。人口唾液などという商品もあるのは知っていますが、どうも手が出ません。

口臭は自分が思うより他人は敏感だと思います。人と会うとき、人と接近して話すときはできるだけ気をつけたいですね。

自分が体験した口臭被害は、虫歯が少ない人ほど口臭がある場合が多い気がします。虫歯がないという自信からか歯医者さんに行かないため、歯周病などの治療・予防ができていない人。そんな人への口臭を指摘するのはとても難しいです。指摘できません。

口臭は誰にでもあるものです。それを気にしてケアするかしないか。みんなが快適に過ごすために気をつけたいですね。

女性(20代)パートの体験談


口臭は一番の悩みです。3年程前までは、全く気にしていなかったですし、家族にも指摘されたことがありませんでした。

しかしあるとき、職場で同僚と話していると、鼻の辺りにさりげなく手を持ってきて、匂いを嗅がないようにされたことがありました。

最初は気にもしていなかったのですが、だんだん私と話している相手はみんな、鼻に手をもってくるような素振りを見せるようになっていました。自分自身では口の匂いがわからないので、家族が指摘してくれないと気付きません。

あるとき、母にいきなり言われました。「口が臭いよ」とハッキリと。本当にショックでした。

そこから意識を変えて、なるべく迷惑をかけないように距離を取ってみたり、ミントタブレットをなめてみたり、舌磨き用の歯ブラシを試したり、歯磨き粉を良いものに変えたりと、いろいろな手段で試しましたが、一向に匂いが取れることはなく、夫にも指摘されるようになりました。

インターネットでどうしたら改善できるか何度も調べていますが、明確な答えはなく、ストレスからくる口臭や、舌に溜まった汚れからくる口臭など、人によって様々ですので、自分は一体どこから来ている臭いなのか、未だにわかっていません。

いろいろ調べていると、病院で口臭対策の治療のようなことができると書いてあり、自分の住んでいるところでもあるのか調べたところ、大きな総合病院でそのような専門の治療ができるところがあるとわかりました。

まだ診てもらっていないですが、もし高い治療費だったとしても、それで口臭が治るなら期待してみようと思い、近々行ってみようと考えています。

女性(40代以上)主婦の体験談


私の小学校低学年の頃の話です。口臭って自分ではわからないものです。まして小学生のころなんて、いじめや仲間はずれの要因にもなることもあります。現在私は40代ですが、小学校の頃に受けた衝撃は未だに忘れられません。

今思えば自分のせいですが、その頃は田舎に住んでいたし、親もあまり歯に関して意識が低かったせいか、歯磨きをするという行為の大切さや、口臭の意識、歯石など無知に等しかったのです。

そんなわけですから、相手に対して嫌がれていたことでしょう。子供なんて正直に言いますし、指摘されて初めて恥ずかしさに赤面しました。まして同性ならなおさらです。

まず口臭の原因である、食事の食べ方から指摘されました。今で言うマナーです。口を開けて食べていました。いわゆるくちゃくちゃ食べです。

そんな食べ方していれば、歯の外側にも食べかすやら、汚れやらがひどく、向かい合って食べていれば給食も美味しくないわけです。

さらに歯磨きの意識も低かったせいか、正直酷い有様だったことでしょう。朝納豆を食べてきた日なんかもっとすごいことだったはずです。

今思えばもっと早くに教えてくれって感じですが、これが高学年、もっと上だったらと思うと恐ろしく思います。

親になり子供には歯の定期検診は欠かさず行っていたおかげで虫歯なしです。しかし、歯の磨き方が教えてもうまくいかず、口臭がきになります。

口臭剤など便利なものも普及しているので対処ができるのがありがたいですね。自分では気づきにくいからなおさらですが、自分で意識することが大事だと感じました。

女性(30代)主婦の体験談


母親は私が子供のころから歯医者に掛かり、何十年にもわたり治療をしています。

虫歯や歯肉炎、歯槽膿漏など、治療内容は違うものの長年治療した成果もあり、本人は良くなったといい満足していました。

しかし年齢のせいなのか、内蔵が悪くなっているのか分からないですが、口臭が酷くなっていて、口を開いて話すたびに臭いを感じます。

本人に指摘をしたこともありますが、内蔵に関する定期的な検査をしていることから医者には異常がないといわれていて、あとは加齢によって口臭がするのかな思ってしまいます。

ただ母が話をするたびに口臭が気になりますし、指摘し続けていますと本人も怒ってしまいます。

最近では、口臭が気になって母から少し離れて会話をしますが、それでは不自然に感じます。

だからといって近づきますと臭いがしますので、実家に帰省するたびにそれが悩みの1つになっています。

本当は別の歯医者に行って治療してもらうのがベストですが、実家から近くて何十年も通っていて気心もあることから、新しいところに通うのも抵抗があります。

しかし子供と一緒に帰省した時に子供から指摘されたことで、口臭を気にし始めて、歯磨きやうがいをすることによって少しずつ変化が見られました。

清涼感があるフリスクも携帯し食べていますので、孫の力はすごいなと感心しました。


まとめ




というわけで、実際に他人から口臭を指摘されてしまった人の体験談をいくつかピックアップしてまとめてみましたがいかがでしたでしょうか?

自分に自覚がない分、指摘されたときは「まさか自分が・・・」と思ってしまう事でしょう。他人の口臭で嫌な思いをした事がある方ならなおさらです。

今回紹介した体験談のような恥ずかしい思いをしない為にも、自身の口臭の状態をしっかりと把握し、きちんとケアするようにしましょう。
口臭 指摘 体験談 2017年08月03日
記:男性(30代)
関連記事
コメント
指摘されるのは恥ずかしいけど、指摘されずに放置されるのは絶対に嫌。セルフチェックが大事って事よね。
口が臭いなんて(2017年09月08日)
好きな人に口臭を指摘されたら生きていけない・・・でもずっと我慢されるのも嫌・・・八方ふさがり?
難しい・・・(2017年09月09日)
昔、仲のよかった友達から指摘された事があります。しかも男子から。本当に恥ずかしかった。
女子ですが(2017年09月12日)
子供の頃なら親から指摘された事があります。大人になってからはないけど、もしかしたら・・・。怖い。
口臭(2017年09月16日)
「伝え方」に関する記事
最新記事
口臭改善にグリーンスムージーが効果的!?おすすめレシピ10選
毎日朝食をきちんと食べていますか?朝食を食べる事は口臭の予防・改善に非常に効果的です。最近では朝食をグリーンスムージーに置き換える人も増えているのだとか。今回はグリーンスムージーの効能、口臭…
口臭による職場のスメハラ被害について弁護士に詳しく聞いてみた
セクハラ・パワハラなどのハラスメントによる被害が増加し、問題となっている昨今。特に興味深いのが口臭や体臭による職場でのスメルハラスメントです。今回は、スメハラに関する法的見解や過去の裁判事例…
言って貰って良かった?実際に口臭を指摘された人の体験談まとめ
口臭とは、自分では気づきにくく他人は敏感という非常に厄介なものです。自分ではきちんとケアしているつもりでも、実は知らないうちに口臭モンスターになっていた・・・なんてケースも良くあります。今回…
他人の口臭どう伝えたら良い!?他人を傷つけない口臭の指摘方法
他人の口臭が気になっても、なかなか指摘できずにもやもやした事はありませんか?やはり口臭は薄毛などと同じく非常にデリケートな問題ですから、気付いてもすぐに「あなたの口、臭いよ」とは切り出せない…
口臭にも悪影響?ネバネバの悪臭唾液をサラサラ無臭に変える方法
自分の口臭がまったく気にならない人はいないと思います。しかし、わざわざ市販の口臭チェッカーを使用して、こまめに口臭をチェックしている人はどれだけいるでしょうか?おそらく、ほとんどの人は「気にはしてい…
すぐに効果の出る口臭対策!たった5分で口臭を消す即効改善方法
口臭の根本改善はもちろん大切だけど、とにかく今だけでも口臭をケアしたい。5分後には口の臭いを消し去りたい。そんな状況って一度や二度くらい誰にでもあるのではないでしょうか?上司との面談、恋人とのデ…
プライバシーポリシー運営者・問い合わせ
(C)悩める口臭