口臭改善、対策、原因、予防など、口臭に関するお悩み解決サイト 口臭予防・改善・原因など、簡単な対策から専門的な情報まで
口臭改善、対策、原因、予防に関するお悩み・相談を受け付け中です♪ お口の臭いに関する悩み・不安・疑問・なんでもOKです!
 気になるワードから自分に役立つ記事を検索してみよう|SITE MAP
 

歯磨きで歯周病を予防・改善する方法!経験者からのアドバイス集

歯磨きで歯周病を予防・改善する方法
自分の口臭に苦しんでいる方、口臭に気付けていない方、口臭の原因をきちんと理解していますか?

口臭の原因は口腔環境や内臓疾患、精神的要因などたくさんありますが、なかでもその原因の大半を占めているのが「歯周病」です。

今回は「歯周病」に関する情報やその原因、また実際に歯周病を経験・克服された方や歯の専門家などのアドバイスをまとめてみました。

歯周病とは?




歯周病とは、日本人の8割がかかっていると言われている口腔内の病気で、もはや国民病のひとつと言っても過言ではないでしょう。

歯周病が進行すると、虫歯や口臭、また内臓疾患などにも繋がりますので、早期のケア・治療が必要となります。

なお、歯周病にはおもに、歯肉炎と歯周炎の2種類があります。


歯肉炎


歯肉炎とは、歯周病の初期によく見られる症状で、歯茎の色が赤っぽく変化し、歯と歯の間の歯肉が丸みを帯びて膨らんできます。

また、歯磨きをおこなうと良く出血するようになり、腫れた歯と歯茎の間にプラーク(歯垢)が溜まって症状が悪化していきます。

歯周炎


歯周炎とは、歯肉炎がさらに悪化した症状で、歯茎の色は少し白身を帯びた赤紫色に変化します。また、歯肉炎に比べてさらに歯茎の腫れも悪化してきます。

歯磨き時のブラッシングの際には、出血だけでなく膿が出る事もあり、歯間の間隔が広がる影響で、食べ物も良くつまるようになります。

また、歯茎が退縮し、歯の長さが伸びたように見えるのも特徴のひとつ。歯周ポケットは深くなり歯槽骨も溶けていきます。


歯周病患者の数




歯周病とはもともと40代~60代の中年層に多かったのですが、若年層、中年層の歯周病患者は年々減少傾向にあります。

一方、60代以上の世代の歯周病患者の数が近年増加傾向にあります。これは、オーラルケア技術や製品のクオリティが上がり、その世代の歯の保有率が大きく上がった事が要因と言われています。

昭和32年より6年ごとに実施されている歯科疾患実態調査においても、その傾向は明らかです。



とはいえ、60代にもなるとほぼ半数の方は歯周病を患っているような状況です。歯周病は放っておくと自身の歯を失うとともに、口臭によって人としての信頼や仲間までも失う恐れのある恐ろしい病気です。

日頃の歯磨きや定期的な治療で、きちんとケアしていく事が大切なのです。

歯周病の原因


ところで、歯周病の原因とは一体なんなのでしょうか?

歯周病になる原因の大半はプラーク、つまり歯垢によるものと言われています。私は毎日丁寧に歯磨きをしているから大丈夫!なんて方はまず、こちらのデータをご覧ください。



日々のブラッシングによる歯磨きでは、全体の歯垢の6割程度しか除去出来ていないのです。歯ブラシでのブラッシングに加え、デンタルフロスや歯間ブラシを使ったとしても、それでも8割。

2割もの歯垢が常に口の中に残っているのですから、そりゃ歯周病にもなりますよね。

経験者や専門家からのアドバイス・体験談


それではここで、実際に歯周病になって治療した方や、歯の専門家などからの歯磨きに関するアドバイスや体験談をいくつか紹介させて頂きます。


歯科助手さんからの歯磨きに関するアドバイス




女性(20代)

私は歯科助手をしています。歯科で働いていなければ、自分自身こんなに普段のブラッシングを気をつけてはいなかったとおもいます。

歯科助手になろうとおもってこの世に生まれたわけではないので、私も小さい頃は適当に歯磨きをしていましたし、虫歯もありました。

今では考えられません。歯磨きを怠ると虫歯や歯周病になります。歯周病とは、歯を支えている骨をとかしていく病気です。

骨がとかされると歯はどうなるかというと、放っておけばだんだん揺れてきて、最終的には抜け落ちます。

抜けたら入れ歯にすればいいと思う方もいるかとおもいますが、抜け落ちてしまった歯茎は、骨がとかされた状態で高さがないので、入れ歯を入れてもしっくりきません。

そこで、歯周病にらないために必要なのは、歯医者での定期検診も必要ですが、一番は毎日の自分自身のブラッシングです。

歯ブラシ一本だけでは全ての汚れはとりきれません。歯ブラシ、歯間ブラシ、タフト、デンタルフロス。たくさんあります。

今は電動音波ブラシもあります。電動音波ブラシはとてもいいです。ただ、もし購入するなら、振動数をきちんと確認してください。

ソニッケアーなどは、一分間の振動数が3000万回以上です。2000回以下のものは買っても微妙です。どうせ購入するのなら、よく調べていいものを使ってください。

歯医者さんに行けば、正しいブラッシングの方法、自分は歯ブラシ以外になにを使ったらよいのかを教えてくれます。正しい方法を学びましょう。


歯の専門家からのアドバイスは、さすがに説得力がありますね。また、歯周病の影響も、歯科助手の方から聞くとより実感する事が出来ます。

電動音波ブラシについては「振動数」が大切との事です。もし購入される方は、2000回以上の振動数のものを選ぶようにしましょう。


歯槽膿漏経験者からの歯磨きに関するアドバイス




女性(30代)

私の祖母は入れ歯も虫歯もない健康な歯ですが、高齢になり歯磨きをめんどくさがり、歯の磨き方も雑になりました。

それが原因なのか最近口臭が気になるようになりました。気になるというレベルではなく、祖母の部屋も口臭の匂いが染みついているような感じで、祖母が通った後にもしばらくその匂いがするくらいの強い匂いでした。

歯医者に連れて行こうとしましたが本人が嫌がり、困った私達は祖母に歯を磨くように毎回声をかけ歯を磨き終えるまで見守りするようにしました。

それからというもの、完全に口臭がなくなったわけではありませんが改善されたように思います。

そんな時に他の家族から「おばあちゃんと一緒の匂いがする」と何度か言われることがあり、虫歯もあったので歯医者にいきました。

糸ようじのようなもので歯のお掃除をしてもらっただけで口の中は血だらけに・・・

歯槽膿漏になっていることが判明。このままいくと歯茎が死んじゃうよ、と言われギョッとしました。

歯科衛生士さんに歯磨きの仕方を教わり定期的に受診するように言われました。

歯磨きの仕方は、まず歯ブラシを鉛筆持ちにし優しく磨くこと。歯と歯の間はもちろん歯と歯茎の間、歯茎に歯ブラシの先を少し入れるような感じで歯茎をマッサージするといいそうです。

糸ようじでしっかりと汚れを取るのも大事なのでめんどくさがらずに毎食後おこなうことが大事なのだそうです。

今までの歯磨きの仕方がどれほど適当だったのかわかりました。

口臭には色々な原因があると思いますが、歯医者へ行き歯周病が原因だと分かれば自分でも改善しやすいとおもいます。


実際に歯槽膿漏になってしまったという女性、なんとまだ30代というから驚きです。

しかも、おばあちゃんのオーラルケアに気を使っていたにも関わらず、気付いたら自分も歯周病になっていたというケース。

実際に歯周病を経験した方の「今までの歯磨きの仕方がどれほど適当だったのかわかりました。」との言葉・・・重みすら感じます。

やはり、通常の歯ブラシでのケアだけでなく、糸ようじ(デンタルフロス)の活用なども大事なんですね。


歯間ブラシ利用者からの歯磨きに関するアドバイス




男性(30代)

歯周病を改善するために歯磨きは必須です。年齢とともに歯茎も衰えてくるため、早い段階で丁寧なブラッシングで歯周病ケアをすることが重要になります。

私が日頃から行っていることは、食後30分以内の歯磨き、週に一度はおこなう糸ようじと歯間ブラシ、あとは歯ブラシ後のマウスウォッシュです。

特に歯磨きには気を遣い、歯や歯茎に強い刺激を与えないように歯ブラシの端をにぎり、歯に柔らかいタッチでおこなうようにしています。

また、歯を一本ずつ丁寧に磨くことを意識しています。よく、糸ようじや歯間ブラシは歯茎から血が出るからしたくないと言われる方がいますが、それは歯茎のケアをしていないため、歯茎が腫れているからです。

私も糸ようじと歯間ブラシを初めてしたときには口の中が血だらけでした。

ですが、歯間の歯垢を除去することになれてくると、歯茎の腫れもなくなり、全く血も出なくなりました。

それどころか、定期的に糸ようじと歯間ブラシを行わないと口の中が気持ちが悪く、歯茎もかゆくなってくるぐらいになりました。

歯磨きをし、糸ようじと歯間ブラシをし、マウスウォッシュで隅々まで口腔内をケアすること、それが歯周病ケアに対して重要なことだと思います。


食後30分以内の歯磨き、そしてデンタルフロス、歯間ブラシ、さらにはマウスウォッシュ。オーラルケアのお手本のような方です。

これだけのケアをきちんとおこなう事で、歯茎の腫れも改善され出血もなくなり、確かな成果を実感されているとの事。私たちも見習わなければなりませんね。


歯の国カリフォルニア在住者からの歯磨きに関するアドバイス




女性(30代)

長い間、歯が命!のカリフォルニア州に住んでいますので、歯が黄色い、汚れている、口臭がするなんて考えられない土地柄です。

健康な歯茎、白い歯は生活習慣がよく、それなりの仕事をしているという証拠です。

日本でしたら、車、家、時計などがステータスになりますが、こちらはプラス歯です。

ですが、非常に歯医者が高いです。日本に住んでおられるなら、気楽に歯医者にいけるにも関わらず、みなさん結構後回しにしてしまいますよね。

私も日本に居た時はそうでした。日本は歯を綺麗に保てるには、とてもいい環境だと思います。

ですので、最低2ヶ月に1回は、歯医者へクリーニングに足を運び、新しい歯ブラシを貰うのをオススメします。

私はアメリカにいますので、お金の都合もあり、そんなにしょっちゅうクリーニングだけの理由で歯医者へは行けません。

数ヶ月経つと口臭も気になります。それで色々調べた結果、やはり糸ようじが効果的です。

しかも細い糸ではなくて、なるべく太くて平べったい糸をオススメします。その糸と糸の間に歯磨き粉のようなものがついていたらなおさら良しです。

最初は歯茎から出血したりしますが、徐々に治まります。歯ブラシはあたまが小さめのもので、きちんと奥まで届くサイズが良いです。

奥歯の表面を舌で触ってザラザラしていたら、もう歯垢が溜まっていますので、まず歯医者に行って、全部取ってもらい、そのあとどれだけその奥歯や歯全体のツルツルをキープできるかで口臭も防げます。

サラリーマンの方などは、炭水化物、たばこ、お酒などでどうしても歯が汚れてしまいがちで、疲れて帰ってきて、わざわざ糸ようじをするなんて、面倒くさいと思います。

ですが、最初は週3ぐらいから初めて、それで、周りの人の反応が変わったりしたら、もしかしたら口臭が原因だったかもしれません。

定期的に、散髪に行くのと一緒です。周りの反応が少し変わるかもしれません。就寝前の糸ようじをルーティンに入れる事をオススメします。


日本に比べて圧倒的にオーラルケアが進んでいるアメリカ。なかでもカリフォルニアは口を美しく保つ事をとても重要視している地域のようです。

綺麗な歯が、時計や車と同じようにステータスになるというのですから、日本文化に馴染んでいる私たちにはちょっと驚きですね。

そして、そんな方のお薦めが「糸ようじ」、つまりデンタルフロスですね。中でも太くて平べったい糸がお薦めとの事です。

口腔環境や口臭が気になっている方は、まずは手軽な「糸ようじ」から始めてみると良いかもしれません。


一般の方からの歯磨きに関するアドバイス




男性(30代)

自分では磨けているつもりだと思っていても、歯の裏側の歯周ポケットはある角度以上はとても磨きにくいです。

そこで市販されている歯ブラシを、歯を1本磨くのに専用のブラシに替えてみてください。価格も500円以下とリーズナブルでお求めやすいです。

次に、磨き方の説明をします。一般的なイメージとして力をこめてゴシゴシと磨く方が汚れがきれいに落ちている気がしませんか。

実は、きれいに磨くためにはゴシゴシと力をこめて磨くのはよくないのです。

ですから、1本専用の歯ブラシを手にしたら毛先で円を描くように歯の根元から上に向かって、同様に、歯の裏側も磨いていきます。

その際は、力をこめずに優しくゆっくりと丁寧に磨いてください。優しく磨くと歯との摩擦が小さくなり、磨く際の負担も少なくて済みます。

また、ゆっくりと磨くことにより歯と触れ合う面積が広くなり、汚れもきれいに落とすことができます。

ですから、小さな子どもさんや、高齢の方などの歯磨きをする場合も同じようにケアすると、お互い気兼ねなく口腔ケアをおこなうことができます。

私もこの磨き方に変えてから、歯の色素沈着が若干落ちたような気がしますし、歯茎の形状が正常に近いものへと変化しているように感じています。

そして何より歯磨き粉を使う量も少なくて歯の隅々まで磨けるので経済的です。


1本専用の歯ブラシというものがあるのですね。しかも500円以下で手に入れられるとの事ですので、ものは試しで購入してみてはいかがでしょうか?

また、気持ち的には力強く磨いてしまいがちですが、力を入れてゴシゴシとブラッシングするのはどうやら逆効果のようです。

正しい歯磨きの方法で、さらに専用ブラシを活用する事で、歯磨きによる歯周病予防はより高い効果を発揮するとの事。参考にしましょう。

まとめ




歯周病の原因や影響、そして歯周病を経験された方や専門家からの歯磨きに関するアドバイスをまとめてみましたがいかがでしたでしょうか?

やはり、歯周病ケアの第一歩は日々の歯磨きです。歯磨きをどれだけ丁寧に、効率的におこなえるかどうか、これが何より重要となります。

また、定期的に歯医者に通う事も非常に大切。やはりプロの手でケアして頂く事は、歯垢除去率も大幅に上がりますし、気持ち的にも安心です。

歯周病にならないよう、日々の歯磨きと定期的な歯医者でのケアを怠らないように気を付けましょう。
口臭 歯周病 歯磨き 2017年06月26日
記:女性(30代)
関連記事
コメント
歯磨きだけじゃ不十分なんだと気付きました。まずはフロスから試してみようと思います。歯周病怖いですし。
記事を読んで(2017年09月08日)
「予防」に関する記事
最新記事
口臭改善にグリーンスムージーが効果的!?おすすめレシピ10選
毎日朝食をきちんと食べていますか?朝食を食べる事は口臭の予防・改善に非常に効果的です。最近では朝食をグリーンスムージーに置き換える人も増えているのだとか。今回はグリーンスムージーの効能、口臭…
口臭による職場のスメハラ被害について弁護士に詳しく聞いてみた
セクハラ・パワハラなどのハラスメントによる被害が増加し、問題となっている昨今。特に興味深いのが口臭や体臭による職場でのスメルハラスメントです。今回は、スメハラに関する法的見解や過去の裁判事例…
言って貰って良かった?実際に口臭を指摘された人の体験談まとめ
口臭とは、自分では気づきにくく他人は敏感という非常に厄介なものです。自分ではきちんとケアしているつもりでも、実は知らないうちに口臭モンスターになっていた・・・なんてケースも良くあります。今回…
他人の口臭どう伝えたら良い!?他人を傷つけない口臭の指摘方法
他人の口臭が気になっても、なかなか指摘できずにもやもやした事はありませんか?やはり口臭は薄毛などと同じく非常にデリケートな問題ですから、気付いてもすぐに「あなたの口、臭いよ」とは切り出せない…
口臭にも悪影響?ネバネバの悪臭唾液をサラサラ無臭に変える方法
自分の口臭がまったく気にならない人はいないと思います。しかし、わざわざ市販の口臭チェッカーを使用して、こまめに口臭をチェックしている人はどれだけいるでしょうか?おそらく、ほとんどの人は「気にはしてい…
すぐに効果の出る口臭対策!たった5分で口臭を消す即効改善方法
口臭の根本改善はもちろん大切だけど、とにかく今だけでも口臭をケアしたい。5分後には口の臭いを消し去りたい。そんな状況って一度や二度くらい誰にでもあるのではないでしょうか?上司との面談、恋人とのデ…
プライバシーポリシー運営者・問い合わせ
(C)悩める口臭